スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

洗濯物の汚れニオイが気になるならナノバブルウォッシュを洗濯機に付けてみたら?

 

目次

  

※当記事の画像はクラウドファンディングMakuakeプロジェクトページから一部引用しております。

 

洗濯物の汚れを落とす様々な方法を知ろう

f:id:supekan777:20220620205005j:image

  1. 洗濯洗剤
  2. 温水
  3. イオン

 

1.洗濯洗剤

f:id:supekan777:20220620203146j:image

洗濯物の汚れを落とす代表的な方法は洗濯洗剤を使用する方法でしょう。

 

液体洗剤や粉洗剤、ジェルボールなど様々な種類が販売されており期待できる効果はそれぞれで異なります。

 

スーパーやドラッグストアで洗剤を購入すれば誰でも使うことができるので王道の汚れを落とす方法と言えるでしょう。

 

2.温水

f:id:supekan777:20220620203823j:image

冷水で洗うよりも、温水で洗った方が汚れが落ちやすいと経験した事はほとんどの方があるのではないでしょうか?

 

これは洗濯物に限らず、食器を洗う時も同様なのでイメージはしやすいかと思います。

 

洗濯物を温水で洗いたいと考えても、温水に対応した洗濯機を購入するか、風呂水ポンプを使用して沸かした余り湯を使う必要があるので簡単に導入できる方法ではありません。

 

温水は皮脂汚れ等の油分に強い洗浄方式になります。

 

3.銀イオン

f:id:supekan777:20220620204426j:image

イオン技術を活用して汚れを落とす方法は、まだ知名度が低く発展途上の洗い方になるかと思われます。

 

イオンと一概に言いましても有力な成分は銀イオンとされており、SHARPの銀イオンホース「AS-AG1」は発売されてからニオイが抑制されたと高評価を得ています。

 

最近では東芝の洗濯機にも銀イオンが搭載されたりと大手メーカーも力を入れ出している技術となるでしょう。

 

導入方法としては銀イオンを発生させる専用ホースの取付や、銀イオンビーズか詰め込まれたパックを洗濯槽内に投入する方法が考えられます。

 

銀イオンは生乾き臭、カビにも効果があるとされており、除菌効果にも期待ができます。洗濯洗剤では対応できない項目も補える方法となるでしょう。

 

4.泡

f:id:supekan777:20220620204628j:image

石鹸や洗顔で洗う時に皆さん泡立ててから汚れを落とそうとするかと思いますが、この泡立てに関しては科学的に洗浄力を高める効果に関係がないとされています。

 

洗濯物の汚れを落とすために使用される泡は水中世界での話しとなり、空気中で泡立てを行う物とは別物だと先ずは認識してください。

 

水中内で気泡が発生すると直ぐに水面へと上昇し破裂して無くなってしまいますよね?

 

しかし泡は小さくなれば小さくなるほど浮遊するスピードが遅くなり、水中に残存する時間が長くなる訳です。

 

この小さな泡が物理的に衣類へと衝突する衝撃や、汚れを吸着して剥離させる性質を活かし洗濯物を洗う方法として採用がされています。

 

導入にはマイクロバブルを発生させる器具を給水口に取り付けるだけで完了することがほとんどなとで簡単に導入することはできるでしょう。

 

今回紹介するナノバブルウォッシュは泡の力を活用して汚れを落とす製品となります。

 

 

洗濯機に取付るだけでマイクロナノバブルが大量発生!?

https://hayabusa.io/makuake/upload/project/26073/detail_26073_16536434690546.gif?width=600&quality=95&format=auto&ttl=31536000&mode=eco

ナノバブルウォッシュは泡を発生させる装置となり、洗濯機に取り付けする事で衣類の汚れが落ちやすくなることに期待ができます。

 

発生するマイクロナノバブル量は1mL中に約1億個とメーカーサイトに記載されており、大量の泡が生成されていると分かるでしょう。

 

泡の大きさには種類があり

直径0.1mmから0.001㎜以上がマイクロバブル

直径0.001㎜以下がナノバブル

 

と区別されています。

 

ナノバブルウォッシュは上記2種類をまとめた総称であるマイクロナノバブルを1mlあたり約1億個発生できるとしており、この数値は他社と比較しても驚異的な数値だと言えるでしょう。

 

https://hayabusa.io/makuake/upload/project/26073/detail_26073_16518370666811.gif?width=640&quality=95&format=gif&ttl=31536000&force

Makuakeプロジェクトページでは1mL中に約2.4億個もナノバブルを発生出来ると記載しており使用環境によって大きく発生量も異なるようです。

 

それぞれのバブルサイズで汚れを落とすメカニズムが若干異なりますのでサイズが異なる泡を生成できる構造は魅力的なポイントとなるでしょう。

 

衣類だけでなく洗濯槽までキレイになる

https://hayabusa.io/makuake/upload/project/26073/detail_26073_16518374410515.gif?width=640&quality=95&format=gif&ttl=31536000&force

マイクロナノバブル効果によって洗濯物の汚れ落ちを良くする事に期待ができるようになりますが、メリットがあるのはこれだけではありません。

 

洗濯機は使用回数を重ねる毎に洗濯槽ウラに汚れが付着していく悲しい構造となっています。

 

汚れの原因は黒カビになる事がほとんどなのですが、黒カビ防止のステンレス槽や、自動洗濯槽洗浄が搭載されたモデルでも汚れてしまう事は多々ある事でしょう。

 

日々の洗濯にマイクロナノバブルを導入することで、洗濯槽ウラの黒カビ抑制にも期待が出来るようになり、メーカーでも汚れていた洗濯機で洗濯回数を重ねる毎にキレイになった画像を公開しています。

https://hayabusa.io/makuake/upload/project/26073/detail_26073_16518363869071.png?width=583&quality=95&format=png&ttl=31536000&force

 

交換パーツがないため長期使用が可能!

https://hayabusa.io/makuake/upload/project/26073/detail_26073_16518369060464.gif?width=640&quality=95&format=gif&ttl=31536000&force

ナノバブルウォッシュは取付ナットの独自構造からマイクロナノバブルを発生させる事ができます。

 

そのため、何ヶ月たったらパーツを交換しなければいけないと言った消耗品が無いためナノバブルウォッシュの寿命期間そのまま使用する事が可能なんですね。

ナノバブルウォッシュの寿命は不明

 

比較対象の参考として銀イオンホースを活用する洗い方になると銀イオン発生器が消耗品となるため、1年や2年での銀イオンカードリッジの交換が必要となります。

 

工事不要で取付も簡単

f:id:supekan777:20220620204710j:image

ナノバブルウォッシュは工事や難しい作業をする必要がなく、洗濯機の給水口に直接取り付けるだけで準備は完了です。

 

製品が届いたらその日から直ぐにでも使用ができますので、難しいことを考える必要がなく導入が非常にしやすいでしょう。

 

購入するならMakuakeプロジェクトページにて

f:id:supekan777:20220620204733j:image

ナノバブルウォッシュがあれば今まで洗濯洗剤だけでは落ちにくかった、汚れや黄ばみを効果的に落とせる可能性が高くなります。

 

特に目では見えない洗濯槽ウラの黒カビも抑制が出来るとなればそれだけでもナノバブルウォッシュを導入する価値が大いにあると考える事ができるでしょう。

 

購入出来る場所は現在クラウドファンディングMakuakeプロジェクトページからのみとなっており、一般販売予定価格9,980円のところ1100円OFFの8,880円で購入ができます!

 

洗濯機の給水口に1つ製品を取り付けるだけで洗濯物の汚れが落ちやすくなるのであれば、是非とも試してみたいところですね。

 

ナノバブルウォッシュを他社製品と比較

f:id:supekan777:20220620204801j:image

ナノバブルウォッシュのように洗濯機に機器を取り付けるだけでバブルを発生させる製品は、すでに何個か販売がされています。

 

他社製品と何が違うのかを確認しておくことで、ナノバブルウォッシュの良さや、悪い点を知ることが出来るようにもなりますので是非ともチェックしておくことをオススメします。

 

バブルマイスター

 

引用元:富士計器公式サイト

ウルトラファインバブル測定ページ

45,349,394個/cc(1ml中に4500万個)

 

SAWAWA

 

引用元:クラウドファンディングMakuake

SAWAWAプロジェクトページ

1ml中に70万個

 

参考程度にSHARPの銀イオンホースも比較していますので、仕組みは大きく異なりますが参考にするといいでしょう。

 

銀イオンホース「AS-AG1」