スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

BRAUNのハンドブレンダーの違いを比較

今回はBRAUNのハンドブレンダーを比較、紹介していきます。

目次

 

  • マルチクイック9

MQ9075X

 

MQ9035X


発売日2017年10月

価格帯

価格.com  
MQ9075X
f:id:supekan777:20200804094231j:image

MQ9035X

f:id:supekan777:20200804094330j:image

▫オススメポイント

BRAUNハンドブレンダーの最上位シリーズマルチクイック9。

アクティブブレードの搭載により、手の動きに合わせて刃の位置も伸縮し食材を効率よく攪拌してくれます。

モーターも500Wとハイパワーな設計となっています!

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫下位モデルとの比較(マルチクイック7 2020年モデル)

消費電力が400Wから500Wに変更。

アクティブブレードが追加。

最大回転数 (回/分)が13,800回から12,800回にグレードダウン。
本体重量が910gから1000gと重くなる。

 

▫動画で見る場合はこちら

[:embed]

 

  • 性能表

製品名

マルチクイック9

型番

MQ9075X

MQ9035X

カラー

ブラック

発売日

201710

調理方法数

7種類(MQ9075X)

4種類(MQ9035X)

消費電力

500W

アクティブブレード

あり

パワーベル

あり(プラス)

スピード調節

スマートスピード

最大回転数 (回/分)

12,800

スイッチロック

あり

飛び散り防止

あり

ワンタッチ交換

あり

本体重量

1000g

サイズ (高さ×幅×奥行)

410×70×70mm

付属アタッチメント

(MQ9075X)

ブレンダー

泡立て器

フードプロセッサー

(MQ9035X)

ブレンダー

泡立て器

チョッパー

調理方法

つぶす (ブレンダー)

まぜる (ブレンダー)

泡立てる (泡立て器)

きざむ (チョッパー/フードプロセッサー)

スライス (フードプロセッサー)

千切り (フードプロセッサー)

生地をこねる (フードプロセッサー)

 

▫消耗品

▫フードプロセッサー(DJ00100009)

 

▫フードプロセッサーフタ(7322115454)

 

▫ビッグチョッパー(DJ00100006)

 

▫すべり止めリング(7322111304)

 

▫チョッパー(DJ00100007)

 

▫チョッパーフタ(7322115424)

 

▫ハーブチョッパー(DJ00100008)

 

▫ハーブチョッパーフタ(7322115434)

 

▫ブレンダー(7322115504)

 

 

 

 

 

  • マルチクイック7(2020年モデル)

 
発売日2020年10月
価格帯

価格.com
 

▫オススメポイント

マルチクイック7シリーズが新しくリリースされました。6種類の中から、用途に合わせた付属品セットを購入する事ができるので嬉しい購入ポイントとなっています!

使い勝手が良くなる機能は一通りついているので本体の大きさが問題なければ間違いなくオススメモデルと言える機種になるでしょう。

 

▫マルチクイック7(2020年モデル)機種一覧

MQ7085XG

MQ7080XG

MQ7035XG

MQ7030XG

MQ7005X

MQ7000X

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(マルチクイック9)

消費電力が500Wから400Wに変更。

アクティブブレードがなくなる。

最大回転数 (回/分)が12,800回から13,800回にグレードアップ。
本体重量が1000gから910gと重くなる。


▫下位モデルとの比較(マルチクイック5)

スイッチロックが追加。

スピード調節機能が、21段階+ターボ(ヴァリオ、ヴァリオフィット)or2段階(マルチクイック5)からスマートスピードにグレードアップ。
本体重量が、810g(ヴァリオ、ヴァリオフィット)、720g(マルチクイック5)から910gと重くなる。


▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較(マルチクイック7 2018年モデル)
 

▫動画で見る場合はこちら

[:embed]

  • 性能表

製品名

マルチクイック7

型番

MQ7085XG

MQ7080XG

MQ7035XG

MQ7030XG

MQ7005X

MQ7000X

カラー

ブラック

発売日

202010

調理方法数

8種類(MQ7085XG)

7種類(MQ7080XG)

5種類(MQ7035XG)

4種類(MQ7030XG)

3種類(MQ7005X)

2種類(MQ7000X)

消費電力

400W

アクティブブレード

なし

パワーベル

あり(プラス)

スピード調節

スマートスピード

最大回転数 (回/分)

13,800

スイッチロック

あり

飛び散り防止

あり

ワンタッチ交換

あり

本体重量

910g

サイズ (高さ×幅×奥行)

400×70×70mm

付属アタッチメント

(MQ7085XG)

①ブレンダー

②泡立て器

③フードプロセッサー

④こねベラ

⑤チョッパー

⑥おろしディスク

(MQ7080XG)

①③④⑤⑥

(MQ7035XG)

①②⑤⑥

(MQ7030XG)

①⑤⑥

(MQ7005X)

①②

(MQ7000X)

調理方法

つぶす (ブレンダー)

まぜる (ブレンダー)

泡立てる (泡立て器)

きざむ (チョッパー/フードプロセッサー)

スライス (フードプロセッサー)

千切り (フードプロセッサー)

生地をこねる (フードプロセッサー)

おろす (チョッパー)

▫消耗品

 

 

 

 

 

  • マルチクイック5


発売日20年月
価格帯
価格.com
 

▫オススメポイント

マルチクイック5シリーズから大きく3種類を紹介していますが、モデル事に調理方法が多数利用可能です。

スピード調節も21段階で選択する事ができる機種もありますので、使い勝手のいい機種となっております。

 

▫マルチクイック5シリーズ機種一覧

□マルチクイック 5 ヴァリオ フィット

MQ5064

MQ5035

 

□マルチクイック 5 ヴァリオ

MQ5075

MQ5045

 

□マルチクイック 5

MQ535

MQ500

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(マルチクイック7 2020年モデル)

スイッチロックがなくなる。

スピード調節機能が、スマートスピードから21段階+ターボ(ヴァリオ、ヴァリオフィット)or2段階(マルチクイック5)にグレードダウン。
本体重量が、910gから810g(ヴァリオ、ヴァリオフィット)、720g(マルチクイック5)と軽くなる。


▫下位モデルとの比較(マルチクイック3)

本体カラーがブルーからホワイトブラックとシルバーの2色展開に変更。

スピード調節機能が、2段階から21段階+ターボ(ヴァリオ、ヴァリオフィット)にグレードアップ。
本体重量が765gから810g(ヴァリオ、ヴァリオフィット)720g(マルチクイック5)に変更。

アタッチメントによってスライス、千切り、生地をこねる、氷を砕く、野菜ヌードルを作るが可能になる。


▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較()
 

▫動画で見る場合はこちら

[:embed]

  • 性能表

製品名

マルチクイック5

型番

マルチクイック 5

MQ535

MQ500

マルチクイック 5 ヴァリオ

MQ5075

MQ5045

マルチクイック 5 ヴァリオ フィット

MQ5064

MQ5035

カラー

ホワイトブラック

シルバー

発売日

20198(マルチクイック5ヴァリオフィット)

201610(マルチクイック5ヴァリオ)

201410(マルチクイック5)

調理方法数

5種類(MQ5064)

4種類(MQ5035)

7種類(MQ5075)

5種類(MQ5045)

4種類(MQ535)

2種類(MQ500)

消費電力

400W(ヴァリオ、ヴァリオフィット)

350W(マルチクイック5)

アクティブブレード

なし

パワーベル

あり(プラス)(ヴァリオフィットのみ)

あり(マルチクイック5、ヴァリオ)

スピード調節

21段階+ターボ(ヴァリオ、ヴァリオフィット)

2段階(マルチクイック5のみ)

最大回転数 (回/分)

14,000(マルチクイック5)

13,800(マルチクイックヴァリオフィット)

13,600(マルチクイックヴァリオ)

スイッチロック

なし

飛び散り防止

あり

ワンタッチ交換

あり

本体重量

810g(ヴァリオ、ヴァリオフィット)

720g(マルチクイック5)

サイズ (高さ×幅×奥行)

405×70×70mm(ヴァリオ、ヴァリオフィット)

380×70×70mm(マルチクイック5)

付属アタッチメント

(MQ5064)

①ブレンダー

②ビッグチョッパー

③アイス用カッター

④スパイラライザー

(MQ5035)

+⑤泡立て器

⑥チョッパー

(MQ5075)

+⑤+⑦フードプロセッサー

(MQ5045)

+⑤+⑧ビッグチョッパー

⑨アイス用カッター

(MQ535)

+⑤+⑥

(MQ500)

調理方法

つぶす (ブレンダー)

まぜる (ブレンダー)

泡立てる (泡立て器)

きざむ (チョッパー/フードプロセッサー)

スライス (フードプロセッサー)

千切り (フードプロセッサー)

生地をこねる (フードプロセッサー)

氷を砕く (アイス用カッター)

野菜ヌードルを作る (スパイラライザー)

▫消耗品

▫フードプロセッサー(AX22110005)

 

▫ビッグチョッパー(AX22110004)

 

▫ハーブチョッパー(AX22110002)

 

▫専用計量カップ(BR67050132)

 

▫ブレンダー(BR67050778)

 

 

 

 

 

  • マルチクイック3 MQ3035



発売日2018年10月

価格帯

価格.com    
f:id:supekan777:20200806203228j:image

▫オススメポイント

アタッチメントが豊富になった事で、泡立てや、きざむ工程も活用出来るようになったモデル。

スピード調節が可能になったので、食材の微妙な調整も行う事ができそうですね。

 

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(マルチクイック5)

本体カラーがホワイトブラックとシルバーの2色展開からブルーに変更。

スピード調節機能が、21段階+ターボ(ヴァリオ、ヴァリオフィット)から2段階にグレードダウン。
本体重量が810g(ヴァリオ、ヴァリオフィット)720g(マルチクイック5)から765gに変更。

アタッチメントによって可能だったスライス、千切り、生地をこねる、氷を砕く、野菜ヌードルを作るがなくなる。

 

▫下位モデルとの比較(マルチクイック1)

本体カラーがグリーンからブルーに変更。

消費電力が300Wから400Wに変更。

パワーベルがパワーベルプラスにグレードアップ。

スピード調節が1段階から2段階にグレードアップ。

最大回転数 (回/分)が11,200回から13,800回にグレードアップ。
ワンタッチ交換がなくなる。
本体重量が565gから765gと重くなる。
調理方法に、泡立てる、きざむが追加。

 

▫動画で見る場合はこちら

[:embed]

 

 

 

  • 性能表

製品名

マルチクイック3

型番

MQ3035

カラー

ホワイトブルー

発売日

201810

調理方法数

4種類

消費電力

400W

アクティブブレード

なし

パワーベル

あり(プラス)

スピード調節

2段階

最大回転数 (回/分)

13,800

スイッチロック

なし

飛び散り防止

あり

ワンタッチ交換

あり

本体重量

765g

サイズ (高さ×幅×奥行)

400×70×70mm

付属アタッチメント

ブレンダー

泡立て器

チョッパー

調理方法

つぶす (ブレンダー)

まぜる (ブレンダー)

泡立てる (泡立て器)

きざむ (チョッパー)

▫消耗品

▫フードプロセッサー(AX22110005)

 

▫ビッグチョッパー(AX22110004)

 

▫チョッパー(AX22110003)

 

▫ハーブチョッパー(AX22110002)

 

▫泡立てきセット(AX22110001)

 

▫泡立て器接続部(BR67050148)

 

▫ブレンダー(BR67050778)

 

 

 

 

 

  • マルチクイック1


発売日2014年12月

価格帯

価格.com    
f:id:supekan777:20200807065309j:image

▫オススメポイント

ミキサーではなく、自分の手で攪拌工程を行う事ができる画期的なハンドブレンダー。

まぜるだけではなく、つぶす工程も行うことが出来ますし、なんといっても本体が500g台と軽量設計になっていますので気軽に取り出して利用する事ができる便利なハンドブレンダーです。

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(マルチクイック3)

本体カラーがブルーからグリーンに変更。

消費電力が400Wから300Wに変更。

パワーベルプラスからパワーベルにグレードダウン。

スピード調節が2段階から1段階にグレードダウン。

最大回転数 (回/分)が13,800回から11,200回にグレードダウン。
ワンタッチ交換が追加。
本体重量が765gから565gと軽くなる。
調理方法から、泡立てる、きざむがなくなる。

 

▫動画で見る場合はこちら

[:embed]

 

  • 性能表

製品名

マルチクイック1

型番

MQ100

カラー

ホワイトグリーン

発売日

201412

調理方法数

2種類

消費電力

300W

アクティブブレード

なし

パワーベル

あり

スピード調節

1段階

最大回転数 (回/分)

11,200

スイッチロック

なし

飛び散り防止

あり

ワンタッチ交換

なし

本体重量

565g

サイズ (高さ×幅×奥行)

340×75×75mm

付属アタッチメント

ブレンダー

調理方法

つぶす (ブレンダー)

まぜる (ブレンダー)

 

▫消耗品

▫ブレンダー(BR67050832)