スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

5分で分かる掃除機の選び方!家電アドバイザーがまとめた記事

 

f:id:supekan777:20210829155022j:image

毎日の掃除大変ですよね?1人暮らしだと少しでも掃除をサボってしまったらゴミだめのお部屋になってしまいますし、家族で暮らしている場合であれば掃除機の運転音がストレスになったり赤ちゃんがいらっしゃる場合はもう、、、さらに、古い掃除機だと吸引力も低く操作性も重かったり動かしにくかったりと大変です。

最近では、騒音がない掃除機はさすがにないですが運転音が静かなモデルや体に負担のかかりにくい設計の掃除機は増えてきています。

今回は掃除機の選び方を5分で分かるように記事をまとめましたので、日々のお掃除にストレスを感じている方や買い替えを検討している方は参考にしてください。

 

目次

 

 

  • 5分で分かる掃除機の選び方

掃除機を購入する際に注目するポイントは

 

  1. 掃除機の種類
  2. 集塵方式
  3. 電源方式
  4. 吸引力
  5. 操作性

 

この5つとなります。

 

 

1.掃除機の種類

f:id:supekan777:20210829205114j:image

掃除機は2種類に分類できスティック型掃除機とキャニスター型掃除機が展開されています。さらにそこから集塵方式がサイクロン式と紙パック式に分かれますので。大きく分けると4種類と考えてみたらいいかと思います

  1. スティック型掃除機(サイクロン式)
  2. スティック型掃除機(紙パック式)
  3. キャニスター型掃除機(サイクロン式)
  4. キャニスター型掃除機(紙パック式)

このようなイメージです。その他にも厳密には、軽量小型タイプのハンディ型やお掃除ロボット等も販売されています。

 


2.集塵方式

先述したように掃除機の集塵方式にはサイクロン式と紙パック式の2種類があります。

サイクロン式は吸引した風と遠心力の力を掛け合わせ、集塵ケースの中に直接ゴミを貯めていく方式。

紙パック式は集塵ボックスに専用の紙パックを装着し、紙パックの中にゴミを貯めていう方式となっています。

 

サイクロン式は集塵ケースのふたを開ければゴミが捨てれるメリットがあり、ゴミを捨てる際にホコリが舞いやすというデメリットがあります。

紙パック式は安価でも吸引力が強力なモデルが多く、ごみ捨て時は紙パックごとまとめて捨てれるのでホコリが舞いにくいメリットがあります。しかし、紙パックは別売りの消耗品なのでコストがかかるというデメリットもあります。

 

3.電源方式

コンセントから有線のまま運転するコード式と、充電してから運転させるコードレス式の2種類があります。

スティック型掃除機はコードレスが主流になりつつあり、充電持ちがどれだけ長いのかや充電にどれくらい時間がかかるかが購入する際の重点となっています。

キャニスター型掃除機はコード式が現在も多く、充電により稼働時間を気にすることなくハイパワーの吸引力で常に掃除を行えます。

 

4.吸引力

掃除機はゴミを収集するための機械ですので吸引力はかなり重要。今までは吸引力を表す吸引仕事率という数値が基準になる事が多かったのですが、コードレス式になると表示がなくなるので比較が難しくなります。

 

最近の掃除機は、ゴミを吸い込む力だけでなくゴミを吸い取るパーツであるヘッドの部分が重要視されてきています。代表的なものだとヘッド部分にモーターで回転するブラシを取り付けたモデルが各メーカーハイスペック掃除機での主流となっています。

 

5.操作性

掃除機のストレス要因として本体が重い、壁際や家具の隙間が掃除出来ないという操作面での意見が多いです。

第一に軽量なモデルを優先して選ばれる事が負担の少なくなる近道ではありますが、最近ではヘッド部分が勝手に前に進む自走式タイプや、掃除機の重心を変える事で軽く感じる設計を意識した機種が数多く販売されています。

さらに壁際もピッタリヘッドが当たるような構造や、家具下に入り込めるヘッド、ヘッドの部分を簡単に変更できるモデルも販売されています。

 

 

 

 

 

  • もっと詳しく掃除機を知りたい

ヘッドの種類は何があるの?

 

お手入れ方法

 

排気フィルター

 

稼働時間ってどれくらい?