スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

TOSHIBAのオーブンレンジ石窯ドーム2021年モデルの違いを比較

今回はTOSHIBAのレンジを比較、紹介していきます。

目次

 

 シリーズ一覧表

 

 

ER-TD7000⑥

 

ER-VD7000⑦

ER-WD7000⑥

 

 

ER-TD5000⑥

 

ER-VD5000⑥

ER-WD5000⑥

 

 

ER-TD3000⑦

 

ER-VD3000⑥

ER-WD3000⑦

 

 

ER-TD100⑦

 

ER-VD100⑧

ER-WD100⑦

 

ER-TD80⑧

ER-VD80⑦

ER-WD80

 

ER-TD70⑧

ER-VD70⑧

ER-WD70

 

ER-T60⑧

ER-V60⑧

ER-W60

ER-T16⑪

 

 

 

ER-VS23

 

2019年

2020

2021年

 

  • ER-WD7000

 ER-WD7000(K) [グランブラック]


ER-WD7000(W) [グランホワイト]

発売日2021年6月
価格帯

価格.com
 

□オススメポイント

前作同様スマホとの連携が可能なIoTモデル。アプリの機能が向上されより一層スマホからの連携を楽しめます。本体の操作部分は液晶タッチパネルが採用されているので直感的な操作をすることができます。

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較()
 
▫下位モデルとの比較(ER-WD5000)
カラーにグランホワイトが追加。

総レシピが334(148)から501(497)にグレードアップ。
スマートフォン連携(アプリ対応)が追加。
ホワイトバックライト大型液晶表示から5インチカラータッチ液晶表示にグレードアップ。

▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較(ER-VD7000)
 石窯おまかせ焼き(魚、深皿煮込みメニュー)の追加

簡単同時調理の3レシピ、簡単中華セット・簡単オムレツセット・簡単パスタセットの追加。

栄養バランスサポート(アプリ)の追加。

音声操作(アプリ)の追加。

 

□動画で見る場合はこちら

[:embed]

  • 性能表

製品名

ER-WD7000

型番

ER-WD7000

カラー

グランブラック

グランホワイト

発売日

20216

総庫内容量

30L

オーブン温度

100300℃・350

加熱方式

ラウンド石窯ドーム構造

庫内まるごと遠赤(扉部を除く)

熱風コンベクション(2段)

上下2段のワイド熱風

(上)ドームヒーター

深皿調理

深皿メニュー

過熱水蒸気調理

100250℃・300

ハイブリッド調理

100250℃・300

グリル調理

大火力石窯ドームグリル

発酵

発酵(30・35・40・45℃)

スチーム発酵(30・35・40・45℃)

オーブン・グリル機能

ノンフライ調理

カラッとあたため

ふっくらパン

レンジ出力

1000600500連続

200相当、100相当

レンジセンサー

ねらって赤外線センサー

(1024ポイント赤外線センサー

/温度センサー)

解凍

お急ぎ解凍(少量50gから)

スチーム全解凍(少量50gから)

さしみ・半解凍

スチーム方式

給水カセット式

スチーム調理

お手軽蒸し(100℃)

低温蒸し(3595℃)

スチームレンジ

あり

総レシピ数(自動メニュー数)

501(497)

庫内コーティング

とれちゃうコート

( セラミックコート )

( 扉部、底面を除く )

手間なしお手入れコース

3

IoT機能

スマートフォン連携(アプリ対応)

表示

5インチカラータッチ液晶表示

外形寸法

498()×399(奥行)×396(高さ)

付属品

深皿(鉄板ホーロー)41.2×29.1cm 1枚

 遠赤包み焼き角皿

(とれちゃうコート)41.2×29.1cm 2枚

焼網

 取扱説明書

別冊料理集

(給水カセット・水受けは

本体に装着済み)

 

□消耗品

▫お掃除グッズ

 

▫耐熱容器

 

 

  • 追加機能解説

▫石窯おまかせ焼き(魚・深皿煮込みコース)

メインの食材を選びスタートを押すだけ

温度も時間も自動で調節してくれるため、オーブン料理が簡単に。

当モデルは魚と深皿煮込みもメニューに搭載。

 

▫スマートフォン連携

IoLIFEのアプリによりスマホでレシピを検索したりする事ができます。

 

 

 

  • ER-WD5000

グランブラック


発売日2021年6月
価格帯

価格.com
 

□オススメポイント

東芝といえば石窯設計が印象的ですが、当機種は庫内温度が他メーカーよりも高い最高350℃を実現。

深皿メニューの追加や、センサー機能の向上によりレンジとして出来ることや利便性が大きく向上しています。

お手入れコースは下位モデルから搭載されていますが、当機種はお手入れ時間かたったの3分と大きく時短がされています。

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(ER-WD7000)
カラーのグランホワイトがなくなる。

総レシピが501(497)から334(148)にグレードダウン。
スマートフォン連携(アプリ対応)がなくなる。
5インチカラータッチ液晶表示からホワイトバックライト大型液晶表示にグレードダウン。


▫下位モデルとの比較(ER-WD3000)

オーブン温度の最高温度が300℃から350℃にグレードアップ。

深皿メニューが追加。

過熱水蒸気調理の最高温度が250℃から300℃にグレードアップ。

ハイブリッド調理が自動メニューのみから100~250℃・300℃にグレードアップ。

スチーム発酵(40℃)からスチーム発酵(30・35・40・45℃)にグレードアップ
8つ目赤外線センサー、温度センサーからねらって赤外線センサー(1024ポイント赤外線センサー/温度センサー)にグレードアップ。

お手軽蒸し(100℃)、低温蒸し(35~95℃)が追加。
総レシピ数が197(134)から334(148)にグレードアップ。

手間なしお手入れコース10分から3分にグレードアップ。
付属品に深皿(鉄板ホーロー)41.2×29.1cm 1枚が追加。

▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較(ER-VD5000)
 

□動画で見る場合はこちら

[:embed]
 

  • 性能表

製品名

ER-WD5000

型番

ER-WD5000

カラー

グランブラック

発売日

20216

総庫内容量

30L

オーブン温度

100300℃・350

加熱方式

ラウンド石窯ドーム構造

庫内まるごと遠赤(扉部を除く)

熱風コンベクション(2段)

上下2段のワイド熱風

(上)ドームヒーター

深皿調理

深皿メニュー

過熱水蒸気調理

100250℃・300

ハイブリッド調理

100250℃・300

グリル調理

大火力石窯ドームグリル

発酵

発酵(30・35・40・45℃)

スチーム発酵(30・35・40・45℃)

オーブン・グリル機能

ノンフライ調理

カラッとあたため

ふっくらパン

レンジ出力

1000600500連続

200相当、100相当

レンジセンサー

ねらって赤外線センサー

(1024ポイント赤外線センサー

/温度センサー)

解凍

お急ぎ解凍(少量50gから)

スチーム全解凍(少量50gから)

さしみ・半解凍

スチーム方式

給水カセット式

スチーム調理

お手軽蒸し(100℃)

低温蒸し(3595℃)

スチームレンジ

あり

総レシピ数(自動メニュー数)

334(148)

庫内コーティング

とれちゃうコート

( セラミックコート )

( 扉部、底面を除く )

手間なしお手入れコース

3

IoT機能

なし

表示

ホワイトバックライト大型液晶表示

外形寸法

498()×399(奥行)×396(高さ)

付属品

深皿(鉄板ホーロー)41.2×29.1cm 1枚

遠赤包み焼き角皿

(とれちゃうコート)41.2×29.1cm 2枚

焼網

取扱説明書

別冊料理集

(給水カセット・水受けは

本体に装着済み)

 

□消耗品

▫タッパ

 

▫サランラップ

 

▫シリコンラップ

 

 

  • 追加機能解説

▫深皿メニュー

深さ約5cmの深皿を使い、煮込み料理やパスタも調理ができる快適な調理メニュー。

 

▫ねらって赤外線センサー(1024ポイント赤外線センサー/温度センサー)

1024ヵ所と空間を細かくセンシングする事により、食品の位置や分量を見分ける事が可能。

センサーが庫内全体をスイングしたり、食品の領域のみを高精度にセンシングしたり、食品温度の高い所を狙って固定したりと賢く機能します。

※高精度の8つ目赤外線センサー×128ポイント=1024ヵ所+温度センサーで庫内を検知

 

 

 

 

 

  • ER-WD3000

ER-WD3000(W) [グランホワイト]


ER-WD3000(R) [グランレッド]


発売日2021年7月
価格帯

価格.com
 

□オススメポイント

このモデルから2段構造のオーブンレンジとなっており、お菓子作りやパン作りをたくさんやりたい!という方は2段オーブンレンジを選びましょう。

解凍機能や発酵機能も機能が若干向上しているので、選ぶ基準の参考にされてください!

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(ER-WD5000)
オーブン温度の最高温度が350℃から300℃にグレードダウン。

深皿メニューがなくなる。

過熱水蒸気調理の最高温度が300℃から250℃にグレードダウン。

ハイブリッド調理が100~250℃・300℃から自動メニューのみにグレードダウン。

スチーム発酵(30・35・40・45℃)からスチーム発酵(40℃)にグレードダウン。

ねらって赤外線センサー(1024ポイント赤外線センサー/温度センサー)から8つ目赤外線センサー、温度センサーにグレードダウン。

お手軽蒸し(100℃)、低温蒸し(35~95℃)がなくなる。
総レシピ数334(148)から197(134)にグレードダウン。

手間なしお手入れコース3分から10分にグレードダウン。
付属品から深皿(鉄板ホーロー)41.2×29.1cm 1枚がなくなる。


▫下位モデルとの比較(ER-WD100)
オーブン温度の最高温度が250℃から300℃にグレードアップ。

石窯ドーム構造からラウンド石窯ドーム構造にグレードアップ。
熱風コンベクション(2段)が追加。
スチーム発酵(40℃)が追加。
お急ぎ解凍が少量50gから可能に。
スチーム全解凍が少量50gから可能に。
総レシピ数が179(113)から197(134)にグレードアップ。
遠赤・脱臭ブラックコートからとれちゃうコート( セラミックコート )にグレードアップ。
大型液晶表示(バックライトなし)からホワイトバックライト大型液晶表示に変更。
付属品の角皿(鉄板ホーロー)から遠赤包み焼き角皿に変更。


▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較(ER-VD3000)
 

□動画で見る場合はこちら

[:embed]
 

  • 性能表

製品名

ER-WD3000

型番

ER-WD3000

カラー

グランホワイト

グランレッド

発売日

20217

総庫内容量

30L

オーブン温度

100250℃・300

加熱方式

ラウンド石窯ドーム構造

庫内まるごと遠赤(扉部を除く)

熱風コンベクション(2段)

上下2段のワイド熱風

(上)ドームヒーター

深皿調理

過熱水蒸気調理

100250

ハイブリッド調理

自動メニューのみ

グリル調理

大火力石窯ドームグリル

発酵

発酵(30354045℃)

スチーム発酵(40℃)

オーブン・グリル機能

ノンフライ調理

カラッとあたため

ふっくらパン

レンジ出力

1000600500連続

200相当、100相当

レンジセンサー

8つ目赤外線センサー

温度センサー

解凍

お急ぎ解凍(少量50gから)

スチーム全解凍(少量50gから)

さしみ・半解凍

スチーム方式

給水カセット式

スチーム調理

蒸し(茶わん蒸し・プリン用 低温蒸し)

スチームレンジ

あり

総レシピ数(自動メニュー数)

197(134)

庫内コーティング

とれちゃうコート

( セラミックコート )

( 扉部、底面を除く )

手間なしお手入れコース

10

IoT機能

なし

表示

ホワイトバックライト大型液晶表示

外形寸法

498()×399(奥行)×396(高さ)

付属品

遠赤包み焼き角皿

(とれちゃうコート)41.2×29.1cm 2

焼網

取扱説明書 料理集

(給水カセット・水受けは

本体に装着済み)

 

□消耗品

▫耐熱容器

 

▫シリコンラップ

 

▫お掃除グッズ

 

 

  • 追加機能解説

▫ラウンド石窯ドーム構造

庫内の4隅を丸くすることで熱風の循環を促進。素早い加熱、最高温度の高さの理由となる構造。

 

▫熱風コンベクション2段

熱風の対流をおこしムラのない仕上がりを実現。予熱なしでもこんがり焼き上げられるが、予熱をするにしても予熱速度も速い。

 

▫とれちゃうコート

セラミックコートの庫内になっており、油を弾く仕様に。サッと拭くだけで汚れが取れやすいコーティングとなっています。

 

▫遠赤包み焼き角皿

とれちゃうコートが施されている角皿。

 

 

 

 

 

  • ER-WD100

 グランブホワイト


発売日2021年7月
価格帯

価格.com
 

□オススメポイント

8つ目赤外線センサーにより、庫内を広くセンサーで検知できるように。お手入れコースの搭載や、汚れにくい庫内コーティングが施されていたりするので清潔に保ちやすいモデルとなっております。

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(ER-WD3000)

オーブン温度の最高温度が300℃から250℃にグレードダウン。

ラウンド石窯ドーム構造から石窯ドーム構造にグレードダウン。
熱風コンベクション(2段)がなくなる。
スチーム発酵(40℃)がなくなる。
お急ぎ解凍が少量50gからがなくなる。
スチーム全解凍が少量50gからがなくなる。
総レシピ数が197(134)から179(113)にグレードダウン。
とれちゃうコート( セラミックコート )から遠赤・脱臭ブラックコートにグレードダウン。
ホワイトバックライト大型液晶表示から大型液晶表示(バックライトなし)に変更。
付属品の遠赤包み焼き角皿から角皿(鉄板ホーロー)に変更。


▫下位モデルとの比較(ER-WD80)

本体カラーがホワイトに変更。

総庫内容量が26Lから30Lにグレードアップ。
ハイブリッド調理が追加。
赤外線センサーから8つ目赤外線センサーにグレードアップ。
総レシピ数(自動メニュー数)が142(99)から179(113)にグレードアップ。
庫内コーティングが、庫内よごれプロテクトから遠赤・脱臭ブラックコートにグレードアップ。
バックライト液晶表示(ブラック)から大型液晶表示(バックライトなし)に変更。


▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較(ER-VD100)
石窯おまかせ焼きが追加。

 

□動画で見る場合はこちら

[:embed]
 

  • 性能表

製品名

ER-WD100

型番

ER-WD100

カラー

グランホワイト

発売日

20217

総庫内容量

30L

オーブン温度

100250

加熱方式

石窯ドーム構造

庫内まるごと遠赤(扉部を除く)

(上下ヒーター式)

(上)ドームヒーター

深皿調理

なし

過熱水蒸気調理

100250

ハイブリッド調理

自動メニューのみ

グリル調理

大火力石窯ドームグリル

発酵

発酵(30354045℃)

オーブン・グリル機能

ノンフライ調理

カラッとあたため

ふっくらパン

レンジ出力

1000600500連続

200相当、100相当

レンジセンサー

8つ目赤外線センサー

温度センサー

解凍

お急ぎ解凍

スチーム全解凍

さしみ・半解凍

スチーム方式

給水カセット式

スチーム調理

蒸し(茶わん蒸し・プリン用 低温蒸し)

スチームレンジ

あり

総レシピ数(自動メニュー数)

179(113)

庫内コーティング

遠赤・脱臭ブラックコート

( 扉部、底面を除く )

手間なしお手入れコース

10

IoT機能

なし

表示

大型液晶表示(バックライトなし)

外形寸法

500()×416(奥行)×388(高さ)

付属品

角皿(鉄板ホーロー)41.2×29.1cm 1

取扱説明書 料理集

(給水カセット・水受けは

本体に装着済み)

 

□消耗品

 

 

  • 追加機能解説

▫ハイブリッド調理

オーブン加熱と過熱水蒸気を組み合わせて調理ができる技術。

 

▫8つ目赤外線センサー

赤外線センサーが8つ目になる事で高精度な検知が可能に。食品の表面温度が測れます。

 

▫遠赤・脱臭ブラックコート

温度が上がった時にニオイを分解する脱臭効果を備えたコーティングを採用。また遠赤効果も兼ね備えています。

 

 

 

 

  • ER-WD80


発売日2021年月
価格帯
価格.com
 

□オススメポイント


 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(ER-WD100)

本体カラーがブラックに変更。

総庫内容量が30Lから26Lにグレードダウン。
ハイブリッド調理がなくなる。
8つ目赤外線センサーから赤外線センサーにグレードダウン。
総レシピ数(自動メニュー数)が179(113)から142(99)にグレードダウン。
庫内コーティングが、遠赤・脱臭ブラックコートから庫内よごれプロテクトにグレードダウン。
大型液晶表示(バックライトなし)からバックライト液晶表示(ブラック)に変更。


▫下位モデルとの比較(ER-WD70)

本体カラーからホワイトがなくなる。

お急ぎ解凍から解凍にグレードアップ。
スチーム全解凍が追加。

半解凍が追加。
スチーム方式が、角皿式から給水カセット式にグレードアップ。
スチーム調理が、角皿スチーム調理から蒸し(茶わん蒸し・プリン用 低温蒸し)にグレードアップ。
スチームレンジが追加。
総レシピ数(自動メニュー数)が123(96)から142(99)にグレードアップ。
手間なしお手入れコースが追加。


▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較(ER-VD80)
 

□動画で見る場合はこちら

[:embed]
 

  • 性能表

製品名

ER-WD80

型番

ER-WD80

カラー

ブラック

発売日

20219

総庫内容量

26L

オーブン温度

100250

加熱方式

石窯ドーム構造

庫内まるごと遠赤(扉部を除く)

(上下ヒーター式)

(上)ドームヒーター

深皿調理

なし

過熱水蒸気調理

100250

ハイブリッド調理

グリル調理

大火力石窯ドームグリル

発酵

発酵(30354045℃)

オーブン・グリル機能

ノンフライ調理

カラッとあたため

ふっくらパン

レンジ出力

1000600500連続

200相当、100相当

レンジセンサー

赤外線センサー

温度センサー

解凍

お急ぎ解凍

スチーム全解凍

さしみ・半解凍

スチーム方式

給水カセット式

スチーム調理

蒸し(茶わん蒸し・プリン用 低温蒸し)

スチームレンジ

総レシピ数(自動メニュー数)

142(99)

庫内コーティング

庫内よごれプロテクト

(扉部、底面を除く)

手間なしお手入れコース

10

IoT機能

なし

表示

バックライト液晶表示(ブラック)

外形寸法

480()×390(奥行)×350(高さ)

付属品

角皿(鉄板ホーロー・溝付き)39.5×30.5cm 1

取扱説明書 料理集

(給水カセット・水受けは

本体に装着済み)

 

□消耗品

 

  • 追加機能解説

▫手間なしお手入れコース

スチームを活用し汚れを浮かして落ちやすくしてくれる機能。10分間のコースとなっております。

 

 

 

 

 

  • ER-WD70

ブラック

ホワイト


発売日2021年月
価格帯
価格.com
 

□オススメポイント

グリル機能が大きく向上したオーブンレンジとなっており、デザインもブラックとホワイトの2色から選ぶ事ができます。

前作は液晶部分にバックライトがなかったので周りの環境によっては表示が見えにくかったですが、今作はバックライト液晶に変更されどのような環境でも液晶が見やすくなりました!

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(ER-WD80)

本体カラーにホワイトが追加。

お急ぎ解凍から解凍にグレードダウン。
スチーム全解凍がなくなる。

半解凍がなくなる。
スチーム方式が、給水カセット式から角皿式にグレードダウン。
スチーム調理が、蒸し(茶わん蒸し・プリン用 低温蒸し)から角皿スチーム調理にグレードダウン。
スチームレンジが追加。
総レシピ数(自動メニュー数)が142(99)から123(96)にグレードダウン。
手間なしお手入れコースがなくなる。


▫下位モデルとの比較(ER-W60)

本体カラーにブラックが追加。

総庫内容量が23Lから26Lにグレードアップ。

庫内4面遠赤(底・奥・左右)から庫内まるごと遠赤(扉部を除く)にグレードアップ。
ガラス管ヒーターからドームヒーターにグレードアップ。
大火力石窯ドームグリルが追加。
赤外線センサーが追加。
総レシピ数(自動メニュー数)が、83(72)から123(96)にグレードアップ。
遠赤・脱臭ブラックコートから庫内よごれプロテクトに変更。
液晶表示(バックライトなし)からバックライト液晶表示(ブラック)に変更。

▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較(ER-VD70)

バックライトなしからバックライト液晶に変更

操作部がダイヤル式に変更。

総レシピ数(自動メニュー数)が、119(94)から123(96)にグレードアップ。

 

□動画で見る場合はこちら

[:embed]
 

  • 性能表

製品名

ER-WD70

型番

ER-WD70

カラー

ホワイト

ブラック

発売日

2021

総庫内容量

26L

オーブン温度

100250

加熱方式

石窯ドーム構造

庫内まるごと遠赤(扉部を除く)

(上下ヒーター式)

(上)ドームヒーター

深皿調理

なし

過熱水蒸気調理

100250

ハイブリッド調理

グリル調理

大火力石窯ドームグリル

発酵

発酵(30354045℃)

オーブン・グリル機能

ノンフライ調理

カラッとあたため

ふっくらパン

レンジ出力

1000600500連続

200相当、100相当

レンジセンサー

赤外線センサー

温度センサー

解凍

解凍・さしみ

スチーム方式

角皿式

スチーム調理

角皿スチーム調理

スチームレンジ

総レシピ数(自動メニュー数)

123(96)

庫内コーティング

庫内よごれプロテクト

(扉部、底面を除く)

手間なしお手入れコース

IoT機能

なし

表示

バックライト液晶表示(ブラック)

外形寸法

480()×390(奥行)×350(高さ)

付属品

角皿(鉄板ホーロー・溝付き)39.5×30.5cm 1

取扱説明書 料理集

(水受けは本体に装着済み)

 

□消耗品

 

 

  • 追加機能解説

 

 

▫大火力石窯ドームグリル

湾曲した上部ヒーターによって食材をしっかり焼き上げられます。

 

▫赤外線センサー

庫内の上面に赤外線センサーを設置する事で器に入った食材でもしっかり検知可能に。

食材の表面温度が検知できます。

 

▫庫内よごれプロテクト

汚れがつきにくい撥水、撥油コーティングを採用。サッと拭くだけでお手入れができます。

 

 

 

  • ER-W60


発売日2021年月
価格帯
価格.com
 

□オススメポイント

TOSHIBAのお買い求めやすいオーブンレンジ。シンプルなデザインに扉を開けると石窯風の庫内が可愛らしいギャップが魅力的なモデルです。

庫内温度も最高250℃まで上がるのでノンフライ調理や、ふっくらとパンを仕上げるのにもオススメです。

 

  • 各モデルとの比較

www.supekan777.info

▫上位モデルとの比較(ER-WD70)

本体カラーからブラックがなくなる。

総庫内容量が26Lから23Lにグレードダウン。

庫内まるごと遠赤(扉部を除く)から庫内4面遠赤(底・奥・左右)にグレードダウン。
ドームヒーターからガラス管ヒーターにグレードダウン。
大火力石窯ドームグリルがなくなる。
赤外線センサーがなくなる。
総レシピ数(自動メニュー数)が、123(96)から83(72)にグレードダウン。
庫内よごれプロテクトから遠赤・脱臭ブラックコートに変更。
バックライト液晶表示(ブラック)から液晶表示(バックライトなし)に変更。


▫下位モデルとの比較()
 
▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較(ER-V60)
 

 

□動画で見る場合はこちら

[:embed]
 

  • 性能表

製品名

ER-W60

型番

ER-W60

カラー

グランホワイト

発売日

2021

総庫内容量

23L

オーブン温度

100250

加熱方式

石窯オーブン

庫内4面遠赤(底・奥・左右)

(上下ヒーター式)

(上)ガラス管ヒーター

深皿調理

なし

過熱水蒸気調理

100250

ハイブリッド調理

グリル調理

グリル調理

発酵

発酵(30354045℃)

オーブン・グリル機能

ノンフライ調理

カラッとあたため

ふっくらパン

レンジ出力

1000600500連続

200相当、100相当

レンジセンサー

温度センサー

解凍

解凍・さしみ(グラム合わせ)

スチーム方式

角皿式

スチーム調理

角皿スチーム調理

スチームレンジ

総レシピ数(自動メニュー数)

83(72)

庫内コーティング

遠赤・脱臭ブラックコート

( 扉部、底面を除く )

手間なしお手入れコース

IoT機能

なし

表示

液晶表示(バックライトなし)

外形寸法

480()×390(奥行)×325(高さ)

付属品

角皿(鉄板ホーロー)38.8×30cm 1枚

取扱説明書 兼 料理集

(水受けは本体に装着済み)

 

□消耗品

 

 

 

  • ER-W16

発売日20年月
価格帯
価格.com
 
▫オススメポイント
 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較()
 
▫下位モデルとの比較()
 
▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較()
 
▫動画で見る場合はこちら
[:embed]
 

  • 性能表

 
▫消耗品

 

  • 追加機能解説

 

 

 

  • ER-WS17

発売日20年月
価格帯
価格.com
 
▫オススメポイント
 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較()
 
▫下位モデルとの比較()
 
▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較()
 
▫動画で見る場合はこちら
[:embed]
 

  • 性能表

 
▫消耗品

 

  • 追加機能解説

 

 

 

  • ER-WM17

発売日20年月
価格帯
価格.com
 
▫オススメポイント
 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較()
 
▫下位モデルとの比較()
 
▫次モデルとの比較()
 
▫前モデルとの比較()
 
▫動画で見る場合はこちら
[:embed]
 

  • 性能表

 
▫消耗品

 

  • 追加機能解説