スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

siroca シロカ コーヒーメーカー SC-C123 ビックカメラオリジナルモデル 性能比較

今回はsirocaのコーヒーメーカーSC-C123を比較、紹介していきます。


f:id:supekan777:20201001132822j:image

発売日2017年12月

価格帯

価格.com
 

 

  • オススメポイント

 

  • 上下と次前モデルの紹介

上位モデル

[:title=]

下位モデル

次モデル

前モデル

 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較()

 

  • 動画で見る場合はこちら

[:embed]

 

 

  • SC-C123性能表

https://www.biccamera.com/bc/item/4120027/

商品の特徴
■オリジナルモデル!
ビックカメラオリジナルカラーのカッパブラウンで高級感ある仕上がり。インテリア性も抜群です。
ゴールドメッシュフィルター付きでより深い味わいに。こだわり派の方も納得のハイエンドモデル。

■ゴールドメッシュフィルター
ペーパーフィルター不要。ステンレスメッシュフィルターで豆の油分をそのまま抽出。さらに金メッキ仕様で化学変化に強いため、味と香りに影響が少なく、コク深いコーヒーに仕上がります。ステンレスメッシュフィルターは洗って何度でも使えるので、ペーパーフィルターと違い、使い捨てることがありません。

■本格ミルと選べるテイスト。予約ができて、朝はおまかせ
豆から挽きたて、淹れたての香り高いコーヒーが楽しめる全自動コーヒーメーカー。自動計量豆容器とタイマー予約機能を内蔵し、お好みの時間に挽きたて淹れたてのコーヒーが自動で淹れられるようになりました。 忙しい朝の時間も、タイマーセットでもっと自由に。シロカからのご提案です。

■豆の計量不要。 自動計量で手間いらず
コーヒー豆はコーヒーを淹れるたびに量って入れる必要がなく、一度に約100gまで入れられる豆容器から、杯数に応じて自動計量。豆を量る必要がないので手間がかかりません。

■タイマー予約機能で お好みの時間に抽出完了

タイマー予約機能を内蔵しているので、お好みの時間にセットするだけで、飲みたい時間に挽きたてコーヒーが淹れられます。

■自分好みの味をみつけませんか? 自由な挽き方と、選べるテイスト
苦み、酸味、コク、どんなバランスのコーヒーが好きかは人それぞれ。だからこの全自動コーヒーメーカーは、コーヒー豆を粉にする時の粒度が無段階で選べ、さらにテイストもマイルドとリッチの2種類から選べるようになりました。コーヒー豆を好みで選ぶように、挽き方や淹れ方も選べれば、自分好みのコーヒーがきっと見つかります。

■ていねいに挽くから、 コーヒーはもっと香り高く、もっとおいしく
この全自動コーヒーメーカーは、「コーン式ミル」を採用。従来の方式よりも摩擦熱が少なく、粒度を一定にできるため、より香り高くおいしいコーヒーが淹れられるようになりました。

■真空二重ステンレスサーバーで、コーヒーが煮詰まらず冷めにくい
真空二重ステンレスサーバーで、抽出したコーヒーが冷めにくく、できたてのおいしさを長く楽しめます。本体の保温がないため、コーヒーが煮詰まることもありません。

■使いやすい操作パネル
操作パネルは直感で使える使いやすいパネルデザインを採用。挽き方、テイスト、杯数など、お好みに合わせて選べます。

■着脱式で給水しやすく、お手入れもらくらくな給水タンク
給水タンクは取り外すことができるので、水を入れるのもお手入れもらくらくです。

■最大4杯まで一度に淹れられる
ホットコーヒー、アイスコーヒーは最大4杯まで、マグカップも2杯まで一度に淹れることができます。

■コーヒー豆、コーヒー粉どちらも対応
豆から自動で淹れられるのはもちろん、粉からでも自動でコーヒーが淹れられます。