スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

SONYのワイヤレスイヤホン WI-1000XM2 性能比較

今回はSONYのイヤホンWI-1000XM2を比較、紹介していきます。


f:id:supekan777:20200927213736j:image

発売日2019年12月

価格帯

価格.com

f:id:supekan777:20200927213813j:image

 

  • オススメポイント

 

  • 上下と次前モデルの紹介

上位モデル

当機種最上位モデル

下位モデル

SBH90C

次モデル

前モデル

[:title=]

 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較()

 

▫下位モデルとの比較()

 

  • 動画で見る場合はこちら

[:embed]

 

 

  • WI-1000XM2性能表

機能表
ヘッドホン部 *1
型式
密閉ハイブリッド型
ドライバーユニット
ハイブリッド
感度
99 dB/mW (有線接続時、POWER ON 時)、94 dB/mW (有線接続時、POWER OFF 時)
マグネット
ネオジウム
再生周波数帯域
3 Hz-40,000 Hz (JEITA)
インピーダンス
50 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、17Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
コード長
約 1m
コードタイプ
片出し(着脱式)
入力プラグ
金メッキL型ステレオミニプラグ
質量 *2
約 58 g (本体: 約 44 g)
ヘッドホン部(その他)
電源
DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間
約 3.5 時間、充電10分で約 80 分使用できます
充電方法
USB
電池持続時間(連続音声再生時間)
最大 10 時間 (NC ON),最大 12 時間(アンビエントサウンドモード), 最大 15 時間 (NC OFF)
電池持続時間(連続通話時間)
最大 9 時間 (NC ON), 最大 10 時間 (アンビエントサウンドモード), 最大 13 時間 (NC OFF)
電池持続時間(待受時間)
最大 11 時間 (NC ON), 最大 13 時間 (アンビエントサウンドモード), 最大 100 時間 (NC OFF)
周波数特性
3 Hz-40,000 Hz
対応インピーダンス
50 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、17Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
音声入力端子
ステレオミニジャック
マイクロホン部
型式
MEMS
指向特性
全指向性
有効周波数帯域
50 Hz- 8,000 Hz
付属品
USBケーブル

イヤーピース

保証書

キャリングケース

航空機用プラグアダプター

接続ケーブル

取扱説明書

Bluetooth
通信方式
Bluetooth標準規格 Ver.5.0
出力
Bluetooth標準規格 Power Class 1
最大通信距離
見通し距離 約10m
使用周波数帯域
2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式
FHSS
対応Bluetoothプロファイル *3
A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック *4
SBC, AAC, LDAC
対応コンテンツ保護
SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP)
20Hz - 20,000Hz (44.1kHz サンプリング時) / 20Hz - 40,000Hz (LDAC 96kHz サンプリング時, 990kbps)