スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

SHARPのテレビ2019年モデルの違いを比較

今回はSHARPのテレビを比較、紹介していきます。

 

後継機の2020年モデルはコチラ👇

www.supekan777.info

 

目次

 

シリーズ一覧表

 

BW1シリーズ⑪

CX1シリーズ④

DW1シリーズ

 

 

DS1シリーズ

 

CQ1シリーズ⑤⑪

DQ1シリーズ

 

BN1シリーズ⑦

CN1シリーズ⑥⑧

DN1シリーズ

 

 

DN2シリーズ

 

BL1シリーズ⑦

CL1シリーズ⑤⑥

DL1シリーズ

 

BH1シリーズ⑩

CH1シリーズ⑩

DJ1シリーズ

2T-C42BE1⑩

 

DEシリーズ

 

 

 

2019年

2020年

2021

 

  • BW1ライン

f:id:supekan777:20200830171408j:image

発売日2019年11月

価格帯

価格.com 

 

 

▫オススメポイント

 

▫BW1シリーズ機種一覧

8T-C70BW1

 

8T-C60BW1

 

 

▫上下と次前モデルの紹介

上位モデル

当機種最上位モデル(2019年モデル)

下位モデル

BN1シリーズ

次モデル

CX1シリーズ2020

前モデル

AX1シリーズ2018

 

  • 各モデルとの比較

▫下位モデルとの比較(BN1シリーズ)
 

▫次モデルとの比較(CX1シリーズ)

 

▫前モデルとの比較(AX1シリーズ)

 

▫動画で見る場合はこちら

 

 

  • 性能表

▫チューナー

BS 8K ―
BS 4K・110度CS 4K 2
地上デジタル(CATVパススルー対応) 3
BS/110度CSデジタル 3

▫映像

視野角 176度
動画機能 スキャンスピード
HDR対応 ●入力1/2/3/4 (Ultra HDブルーレイ/HLG/インターネット動画)

▫音声

アンプ デジタルアンプ
音声実用最大出力(JEITA) 70W(10W+10W+10W+10W+15W+15W)
スピーカー ツィーター×2個、ミッドレンジ×2個、サブウーハー×2個

▫機能・ネットワーク

2画面機能 ―
インターネット対応 ●
AQUOS ファミリンク対応 ●(AQUOSタイムシフト対応)

ホームネットワーク機能 ●(プレーヤー)
無線LAN対応 ●(本体内蔵)
ハイブリッドキャスト ●

▫録画・再生機能

USB外付けハードディスク(別売)対応 ●

▫省エネ・節電機能

明るさセンサー ●
おはよう・おやすみタイマー ●
セーブモード ●(省エネモード)

▫接続端子

HDMI端子 5(3,840×2,160/24p/30p/60p対応、ARC対応)
入力6のみ8K対応(7,680×4,320p : 60Hz / 3,840×2,160p : 120Hz対応)
D端子 ―
AV入力(黄:映像、赤:右音声、白:左音声) 1(φ3.5ミニジャック)
デジタル音声出力(光)端子(角型) 1
ヘッドホン端子 1(アナログ音声出力兼用)
PC入力(ミニD-Sub15ピン)
USB端子 1:USBメモリー(写真/ 音楽/ 動画)用 / 1:USBハードディスク用
LAN端子 1

▫付属品

リモコン

リモコン用乾電池(4個)

▫消耗品

 

 

 

  • BN1ライン

f:id:supekan777:20200830195458j:image

発売日2019年7月

価格帯

価格.com 

 

▫オススメポイント

 

▫BN1シリーズ機種一覧

4T-C70BN1

 

4T-C60BN1

 

4T-C50BN1

 

4T-C45BN1

 

 

▫上下と次前モデルの紹介

上位モデル

BW1シリーズ

下位モデル

BL1シリーズ

次モデル

CN1シリーズ2020

前モデル

AN1シリーズ2018

 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較(BW1シリーズ)

 

▫下位モデルとの比較(BL1シリーズ)

 

▫次モデルとの比較(CN1シリーズ)

 

▫前モデルとの比較(AN1シリーズ)

 

▫動画で見る場合はこちら

 

  • 性能表

▫チューナー

BS 4K/110度CS 4K ●×2
地上デジタル(CATVパススルー対応) ●×3
BS/110度CSデジタル ●×3

▫映像

視野角  176度
動画機能 480スピード 

▫音声

アンプ デジタルアンプ
音声実用最大出力(JEITA) 35W(10W+10W+15W)
スピーカー ツィーター×2個、ミッドレンジ×2個、サブウーハー×1個

▫機能・ネットワーク

2画面機能 -
インターネット対応 ●(Android TV)
AQUOSファミリンク対応 ●
ホームネットワーク機能 ●(プレーヤー)
無線LAN対応 ●(本体内蔵)
ハイブリッドキャスト ●
Bluetooth ●

▫録画・再生機能

USB外付けハードディスク(別売)対応 ●

▫省エネ・節電機能

明るさセンサー ●
オン・オフタイマー ●(おはよう・おやすみタイマー)
省エネモード ●

▫接続端子

HDMI入力端子(HDCP2.2対応) 4(3840×2160:24p/30p/60p対応、ARC対応)
AV入力(黄:映像、赤:右音声、白:左音声) 1(φ3.5ミニジャック)
デジタル音声出力(光)端子(角型)  1
アナログ音声出力 1
ヘッドホン端子 1 (アナログ音声出力兼用)
PC入力(ミニD-Sub15ピン) -
USB端子
2:USBメモリー(写真/ 音楽/ 動画)用
1:USBハードディスク用
LAN端子 1(10BASE-T/100BASE-TX)

▫付属品

テーブルスタンド(組立て式)
リモコン
リモコン用乾電池(4個)
転倒防止ベルト一式

アンテナケーブルは同梱なし

 

▫消耗品

□サイドバーシアターシステム(HT-SP100)

 

□壁掛け金具(AN-52AG6)

 

□リモコン(0106380577)

 

□HDMIケーブル

 

□アンテナケーブル

 

 

 

  • BL1ライン

f:id:supekan777:20200830200110j:image

発売日2019年7月

価格帯

価格.com 

 

▫オススメポイント

 

▫BL1シリーズ機種一覧

4T-C55BL1

 

4T-C50BL1

 

4T-C45BL1

 

 

▫上下と次前モデルの紹介

上位モデル

BN1シリーズ

下位モデル

BH1シリーズ

次モデル

CL1ライン2020

前モデル

AJ1シリーズ2018

 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較(BN1ライン)

 

▫下位モデルとの比較(BH1ライン)

 

▫次モデルとの比較(CL1ライン)

 

▫前モデルとの比較(AJ1シリーズ)

 

▫動画で見る場合はこちら

 

  • 性能表

▫チューナー

BS 4K/110度CS 4K ●×2
地上デジタル(CATVパススルー対応) ●×3
BS/110度CSデジタル ●×3

▫映像

視野角  176度
動画機能 120スピード 

▫音声

アンプ デジタルアンプ
音声実用最大出力(JEITA) 20W(10W+10W)
スピーカー フルレンジ×2個

▫機能・ネットワーク

2画面機能 -
インターネット対応 ●(Android TV)
AQUOSファミリンク対応 ●
ホームネットワーク機能 ●(プレーヤー)
無線LAN対応 ●(本体内蔵)
ハイブリッドキャスト ●
Bluetooth ●

▫録画・再生機能

USB外付けハードディスク(別売)対応 ●

▫省エネ・節電機能

明るさセンサー ●
オン・オフタイマー ●(おはよう・おやすみタイマー)
省エネモード ●

▫接続端子

HDMI入力端子(HDCP2.2対応) 4(3840×2160:24p/30p/60p対応、ARC対応)
AV入力(黄:映像、赤:右音声、白:左音声) 1(φ3.5ミニジャック)
デジタル音声出力(光)端子(角型)  1
アナログ音声出力 1
ヘッドホン端子 1 (アナログ音声出力兼用)
PC入力(ミニD-Sub15ピン) -
USB端子
2:USBメモリー(写真/ 音楽/ 動画)用
1:USBハードディスク用
LAN端子 1(10BASE-T/100BASE-TX)

▫付属品

テーブルスタンド(組立て式)
リモコン
リモコン用乾電池(4個)
転倒防止ベルト一式

アンテナケーブルは同梱なし

 

▫消耗品

 □リモコン(0106380577)

 

□リモコン(AN-52RC3)

 

□ハヤミ工産製 壁掛け金具(MH-651B)

 

□サイドバーシアターシステム(HT-SP100)

 

□HDMIケーブル

 

□アンテナケーブル

 

 

 

  • BH1ライン

f:id:supekan777:20200830173040j:image

発売日2019年10月

価格帯

価格.com 

 

▫オススメポイント

 

▫BH1シリーズ機種一覧

4T-C60BH1

 

4T-C50BH1

 

4T-C40BH1

 

 

▫上下と次前モデルの紹介

上位モデル

BL1シリーズ

下位モデル

BE1シリーズ

次モデル

CH1シリーズ2020

前モデル

AH1シリーズ2018

 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較(BL1ライン)
 

▫下位モデルとの比較(BE1ライン)

 

▫次モデルとの比較(CH1シリーズ)

 

▫前モデルとの比較(AH1シリーズ)

 

▫動画で見る場合はこちら

 

 

  • 性能表

▫チューナー

BS 4K/110度CS 4K ●×2
地上デジタル(CATVパススルー対応) ●×2
BS/110度CSデジタル ●×2

▫映像

視野角  176度
動画機能 -

▫音声

アンプ デジタルアンプ
音声実用最大出力(JEITA) 20W(10W+10W)
スピーカー フルレンジ×2個

▫機能・ネットワーク

2画面機能 -
インターネット対応 -
ホームネットワーク機能 -
無線LAN対応 -
ハイブリッドキャスト -
Bluetooth -

▫録画・再生機能

USB外付けハードディスク(別売)対応 ●

▫省エネ・節電機能

明るさセンサー -
省エネモード ●

▫接続端子

HDMI入力端子(HDCP2.2対応) 4(3840×2160:24p/30p/60p対応、ARC対応)
AV入力(黄:映像、赤:右音声、白:左音声) 1(φ3.5ミニジャック)
デジタル音声出力(光)端子(角型)  1
ヘッドホン端子 1
PC入力(ミニD-Sub15ピン) -
USB端子 1:USBハードディスク用
LAN端子 1(10BASE-T/100BASE-TX)

▫付属品

テーブルスタンド(組立て式)
リモコン
リモコン用乾電池(2個)
転倒防止ベルト一式

アンテナケーブル同梱なし

 

▫消耗品

 

 

 

  • 2T-C42BE1

f:id:supekan777:20200830194850j:image

発売日2019年10月

価格帯

価格.com 

f:id:supekan777:20200830194942j:image

▫オススメポイント

シンプルな42インチのHDテレビ。外付けハードディスクが取り付け可能なので録画して楽しむことが可能です。

さらに、ダブルチューナー搭載なので裏番組録画が可能です。

 

▫上下と次前モデルの紹介

上位モデル

BH1ライン

下位モデル

ADライン2018

次モデル

 -

前モデル

AE1ライン2018

 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較(BH1ライン)
 

▫下位モデルとの比較(ADライン)
  

▫前モデルとの比較(AE1ライン)

 

▫動画で見る場合はこちら

[:embed]

 

 

  • 性能表

▫チューナー

地上デジタル(CATVパススルー対応) 2
BS/110度CSデジタル 2
地上アナログ(UHF/VHF/CATV) -

▫映像

視野角 176度

▫音声

アンプ デジタルアンプ
音声実用最大出力(JEITA) 10W(5W+5W)
スピーカー フルレンジ×2個

▫機能・ネットワーク

2画面機能 放送+外部入力
インターネット(AQUOS City)対応 -
AQUOSファミリンク対応 ●(AQUOSタイムシフト対応)
ホームネットワーク機能 ●(プレーヤー)
無線LAN対応 -

▫録画・再生機能

ブルーレイ内蔵 -
ハードディスク搭載 -
USB外付けハードディスク(別売)対応 ●(裏番組録画対応)

▫省エネ・節電機能

明るさセンサー ●
オン・オフタイマー ●(おはよう・おやすみタイマー)

▫接続端子

HDMI入力端子 3(1080/24p対応、ARC対応)
D端子 -
AV入力(黄:映像、赤:右音声、白:左音声) 1
デジタル音声出力(光)端子(角型) -
アナログ音声出力 -
ヘッドホン端子 1
PC入力(ミニD-Sub15ピン) -
USB端子 1:USBハードディスク/USBメモリー(写真)用
LAN端子 1

▫付属品

ACコード(取付済)
スタンド(組立て式)
ワイヤレスリモコン
リモコン用乾電池(2個)
mini B-CASカード
転倒防止用部品(取付済)

アンテナケーブルは同梱なし

 

▫消耗品

▫リモコン(0106380559)

 

▫壁掛け金具(AN-130AG1)

 

▫シアターバーシステム

(HT-SB20)

 

(HT-SL50)