スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

TOSHIBAの各皿式スチームオーブンレンジ ER-V60 石窯オーブン 性能比較

今回はTOSHIBAの各皿式スチームオーブンレンジER-V60を比較、紹介していきます。


f:id:supekan777:20200721094617j:image


発売日2020年8月

価格帯

価格.com

   f:id:supekan777:20200721094705j:image

 

  • オススメポイント

庫内の容量が20L以上で、熱効率を高めた遠赤加工が施されています。

スチームも各皿式として利用可能ですし、レシピ集が多く入っていますので、おまかせで調理したい方にオススメです。

 

上下と次前モデルの紹介

上位モデル

ER-VD70

下位モデル

ER-S18

次モデル

前モデル

ER-T60

 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較(ER-VD70)

ER-VD70

 

▫下位モデルとの比較(ER-S18)

追加機能、進化機能

総庫内容量 18L(フラット庫内)→23L(ワイド&フラット庫内)

庫内4面遠赤(底・奥・左右)

発酵(35・40℃)→(30・35・40・45℃)

レンジ出力

(W) 900・600・500・200相当

 ↓

(W) 1000・600・500・200相当・100相当

絶対湿度センサー あり→なし

解凍 さしみ

スチーム方式 なし→角皿式
スチーム調理 なし→角皿スチーム調理

総レシピ数(自動メニュー数)

17→83(26→73)

庫内コーティング
なし→遠赤・脱臭ブラックコート
       ( 扉部、底面を除く )

 

▫前モデルとの比較(ER-T60)

追加機能、進化機能

総レシピ数(自動メニュー数)

83→83(68→73)

 

  • 動画で見る場合はこちら

[:embed]

  • ER-V60性能表

▫仕様

総庫内容量 23L(ワイド&フラット庫内)

▫オーブン・グリル

オーブン温度 100〜250℃

▫加熱方式

庫内4面遠赤(底・奥・左右)
(上)ガラス管ヒーター
(下)シーズヒーター(埋め込み)
深皿調理 なし
過熱水蒸気調理 なし
ハイブリッド調理 なし
ノンフライ調理 

▫グリル調理

カラッとあたため 
トースト(6枚切り2枚)
(グリルでの焼き上げ時間)
トースト:5分45秒(約3分40秒で裏返し)
冷凍トースト:8分30秒(約5分50秒で裏返し)
ふっくらパン(レンジ加熱併用)

▫発酵

発酵(30・35・40・45℃)

▫レンジ

レンジ出力(W) 1000・600・500・200相当・100相当

▫センサー

温度センサー
あたため機能(抜粋)
ごはん/おかず/冷凍ごはん/牛乳/コンビニ弁当

▫解凍

解凍

さしみ

▫スチーム

スチーム方式 角皿式
スチーム調理 角皿スチーム調理
スチームレンジ なし

▫総レシピ数(自動メニュー数)

83(73)

▫お手入れ

庫内コーティング
遠赤・脱臭ブラックコート
( 扉部、底面を除く )
手間なしお手入れコース なし

▫使いやすさ

IoT機能 なし

表示 液晶表示

▫専用付属品

角皿(鉄板ホーロー) 1枚

取扱説明書 兼 料理集

(水受けは本体に装着済み)

 

 

まとめ