スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

HITACHIの過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-W1Y ヘルシーシェフ 性能比較

今回はHITACHIの過熱水蒸気オーブンレンジMRO-W1Yを比較、紹介していきます。


f:id:supekan777:20200715085659j:image


発売日2020年7月

価格帯

価格.com  
f:id:supekan777:20200715085803j:image

 

  • オススメポイント

30Lの2段大容量レンジになり、下位モデルのMRO-S8Yかはほとんどの機能面がグレードアップします。

さらに上位モデルながらコスパ良くない!?とびっくりするくらい素晴らしい機能が詰まった機種となっております。

 

  • 上下と次前モデルの紹介

上位モデル

MRO-W10X

下位モデル

MRO-S8Y

次モデル

前モデル

MRO-W1X(2019年7月発売)

 

 

  • 各モデルとの比較

▫上位モデルとの比較(MRO-W10X)

MRO-W10X

 

▫下位モデルとの比較(MRO-S8Y)

追加機能、進化機能

センサー

重量センサー+蒸気・温度センサー→Wスキャン(トリプル重量センサー +センター赤外線センサー )+温度センサー

 

オーブン

最高温度:自動/段数/方式
250℃→300℃/1段→2段/ヒーター式→熱風式

 

ヒーター

上下平面ヒーター→ダブル光速ヒーター

 

グリル

上下平面ヒーターグリル→大火力平面グリル

 

過熱水蒸気 ボイラー式→ボイラー熱風式

メニュー

レシピ数/オートメニュー数
135→287/109→242オートメニュー

 

トースト(オート:途中で裏返し)14分~23分→約7分
庫内の見やすさ 白熱球×1灯→LED庫内灯×2灯

表示部 液晶(バックライトなし)→フルドット液晶(バックライト付き)

ボタン一体型ダイヤル

 

 

▫前モデルとの比較(MRO-W1X)

追加機能、進化機能

レシピ数/オートメニュー数
275→287/242→242オートメニュー

 

 

  • 動画で見る場合はこちら

[:embed]

 

  • MRO-W1Y性能表

タイプ

過熱水蒸気 オーブンレンジ

▫総庫内容量・庫内形状

30L ワイド&フラット庫内

▫センサー種類

Wスキャン(トリプル重量センサー +センター赤外線センサー )+温度センサー

▫加熱方式

レンジ 最高出力:自動 1,000W

▫オーブン

最高温度:自動/段数/方式
300℃/2段/熱風式

▫ヒーター

ダブル光速ヒーター

▫グリル

大火力平面グリル

▫スチーム

給水タンク式

過熱水蒸気

ボイラー熱風式

▫メニュー

レシピ数/オートメニュー数
287/242オートメニュー

▫使いやすさ

2品同時あたため 
トースト(1~2枚)
(オート:途中で裏返し)約7分
庫内の見やすさ LED庫内灯×2灯

明るい庫内色
表示部 フルドット液晶(バックライト付き)

▫簡単操作

ボタン一体型ダイヤル

簡単レンジボタン
スマートフォン連携 なし

▫お手入れ

庫内底面→外して丸洗いテーブルプレート
庫内側面・背面・天面→汚れを落としやすい庫内側面

お手入れしやすい平面グリルヒーター

▫コース

清掃・脱臭 ・水抜き

▫付属品

f:id:supekan777:20200809230019j:image

 

まとめ