スペック図鑑

家電製品の比較ブログ。検索バーから検索お願いいたします!!

SONYの4K有機ELテレビ A8Hシリーズ KJ-65A8H KJ-55A8H 性能比較

今回はSONYの4K有機ELテレビA8Hシリーズを比較、紹介していきます。


f:id:supekan777:20200706180222j:image

 

発売日2020年6月

価格帯

価格.com

65インチ KJ-65A8H
f:id:supekan777:20200706175848j:image

55インチ KJ-55A8Hf:id:supekan777:20200706180012j:image

 

  • オススメポイント

 

  • 上下と次前モデルの紹介

上位モデル

当機種最上位モデル(2020年モデル)

下位モデル

A9Sシリーズ

次モデル

前モデル

A8Gシリーズ(2019年7月発売)

有機ELテレビ一覧表
f:id:supekan777:20201021174657j:image

  • 各モデルとの比較

▫下位モデルとの比較(A9Sシリーズ)

追加機能、進化機能

 

▫前モデルとの比較(A8Gシリーズ)

追加機能、進化機能

 

  • 動画で見る場合はこちら

 

  • A8Hシリーズ性能表

▫チューナー

地上 2 
BS・110度CS 2 
BS4K・110度CS4K 2 
BS8K なし
スカパープレミアムサービス(4K) なし
CATV:ch C13-C63
CATVパススルー  

▫放送サービス

データ放送/データサービス  
ハイブリッドキャスト対応 

▫高画質機能

パネル 有機ELパネル
素数(水平×垂直) 3,840×2,160(4K)
高画質プロセッサー 高画質プロセッサー「X1 Ultimate」
超解像エンジン 4K X-Reality PRO
トリルミナスディスプレイ 
X-Wide Angle なし
高輝度技術 なし
ピクセル コントラスト ブースター 
HDR信号対応   (HDR10/HLG/Dolby Vision)

▫倍速機能

倍速駆動パネル/X-Motion Clarity
バックライト なし

▫高音質機能

スピーカー種類 アコースティック サーフェス オーディオ
スピーカー アクチュエーター×2、サブウーファー×2
スピーカー数 4
実用最大出力(JEITA): W30(10+10+5+5)
Dolby Atmos対応 
ハイレゾ対応 なし
自動音場補正 (部屋環境補正)
DSEE なし
音声信号処理(ClearAudio+) なし
音声補正技術(クリアフェーズテクノロジー) 
サラウンド回路(S-Forceフロントサラウンド) 
ボイスズーム 
デジタルアンプ(S-Masterデジタルアンプ) 
センタースピーカーモード なし

▫ネットワーク機能

Android TV 
無線LAN機能  IEEE802.11ac/a/b/g/n
音声検索 
ハンズフリー音声検索 なし
テレビメニュー 
スクリーンミラーリング なし
Google アシスタントbuilt-in 
Works with Apple AirPlay 
Chromecast built-in 
Works with Apple HomeKit 
Works with Google アシスタント 
Works with Alexa 
Video & TV SideView 
ブラウザ機能 
Wi-Fi Directモード 
ホームネットワーク機能(ソニールームリンク) (クライアント機能) 

▫便利機能

リモコン 音声検索機能付リモコン(無線) 
チャンネルポン 
ブラビアリンク 
外付けHDD録画  
外付けHDD裏番組録画  
ARC(オーディオリターンチャンネル) (eARC )
Bluetoothオーディオ機器対応 
Bluetooth対応プロファイル HID/HOGP/SPP/A2DP /AVRCP
番組表 地上、BS・110度CS、BS4K・110度CS4K
2画面表示 なし
省電力対応 (省エネ設定)
時計/タイマー 

▫入出力端子系統数

コンポーネント入力端子 なし
D端子 なし
ビデオ入力端子 1 
HDMI入力端子 4 
MHL端子  なし
光デジタル音声出力端子(AAC/PCM/AC3/DTS) 1
センタースピーカー入力端子 なし
ヘッドホン出力端子 1 
アナログ音声出力端子 なし
USB端子 3
LAN端子(100BASE-TX10BASE-T) 1

 

 

まとめ